小出裕章

学堂会2018年 10月講演会

小出裕章

日時 :  2018年10月3日(水)18:00〜19:45(通訳つき)開場17:30
講演 :  小出 裕章氏
演題 : 「 フクシマ事故が示す日本の姿 」
場所 :   憲政記念館 第一会議室 千代田区永田町1-1-1
参加費:  2000円(学生は無料)

講歴紹介: 1949年生まれ。元京都大学原子炉実験所助教。東北大学工学部原子核工学卒、同大学院終了。専攻は放射線計測、原子力安全。伊方原発訴訟住民側証人。原子力の専門家として(ありながら)、そのリスクや問題点についての研究活動に勢力的に取り組んでこられました。3月11日の地震以降、東京電力のフクシマ第一原発について昼夜をわかたず奮闘し続けておられます。主な著書に「小出裕章が答える原発と放射能」(河出書房新社)、「原発のウソ」(芙蓉社新書)、「原発のない世界へ」(筑摩書房)、「騙される原子力・核の真実」(創始社)ほか多数ございます。

学堂会2016年 9月講演会

photo by [f]mutsumi.y

日時 :2016年9月16日(金)17:00~19:30(日英通訳あり)開場16:45
講師 :小出 裕章 氏 (こいで ひろあき)
場所 :憲政記念館 会議室 千代田区永田町1-1-1
演題 :『原子力と核、戦争、個人の自立』
会費 : ¥1,000

講師紹介: 1949年生まれ。元京都大学原子炉実験所助教。東北大学工学部原子核工学科卒、同大学院修了。専攻は放射線計測、原子力安全。伊方原発訴訟住民側証人。原子力の専門家として(でありながら)、そのリスクや問題点についての研究活動に精力的に取り組んでこられました。3 月 11 日の地震以降、 東京電力の福島第一原発について昼夜を分かたず奮闘し続けておられます。主な著書に『小出裕章が答える原発と放射能』(河出 書房新社)、『原発のウソ』(扶桑社新書)、『原発のない世界へ』(筑摩書房)、『隠される原子力・核 の真実』(創史社)ほか多数がございます。