ラジモハンガンジー

学堂会2016年 5月講演会

日時:2016年5月13日(金)18:00~19:45(日英通訳あり)開場17:45
講師:孫崎 享 氏・ラジモハン ガンジー 氏
場所:憲政記念館 会議室 千代田区永田町1-1-1
演題:『 今という時代をどう生きるか 』
講師紹介:孫崎 享氏 1943年生まれ。東京大学法学部中退、外務省入省。英国、ソ連、米国(ハーバード大学国際問題研究所研究員)、イラク、カナダ(公使)勤務を経て、駐ウズベキスタン大使、国際情報局長、駐イラン大使。2002年から防衛大学校教授。公共政策学科長、人文社会学群長。2009年退官。
著書:『日本外交—現場からの証言−』(第二回山本七平賞受賞、中央公論新社)、『日米同盟の正体』、『情報と外交』、『日本の領土問題—尖閣・竹島・北方領土—』『不愉快な現実』『戦後史の正体』『これから世界はどうなるか』『小説外務省—尖閣問題の正体』など多数 。
ラジモハン・ガンジー氏 : マハトマ・ガンジー翁の孫。著者、史家、元インド議会議員。2012年12 月 まで、米国イリノイ大学主キャンパス(アーバナ・シャンペーン)で南アジア・中東研究センターでリサーチ教授として努めた。著書も多く、近著の祖父ガンジー翁伝は、2007年12月インド歴史学会ビエンナーレ・パープジャリ賞を授賞。1990年にはジュネーヴに於ける国連人権委員会にインド代表団長として参加。1992-2000年ニューデリー政策研究所の研究教授。1956年よりイニシアチブ・オブ・チェンジ(IC,旧MRA)に関わり 国際IC会長を(2009-2010年)務めた。