学堂会2019年9月講演会

上 昌広(かみ まさひろ)氏

尾崎行雄は、1947年(昭和22)「立憲政治の再建 -選挙民の訓育- 」で、「立憲国では選挙民ほど大切なものはない。各種の選挙に代表を選出し、国是の決定に参与させるものは選挙人である。政党内閣制の下では、間接に内閣組織者を決定するのもまた選挙人である。わが国ではまだ行われていないが、他日一般投票により国家の大問題を決定し、また直接立法制を施すようになれば、選挙人の任務は最も大切である。立憲国柱石ともいうべきこの大切な選挙人に対し、わが国では別に何等の訓育も施していない。一切無頓着で全然野育ちのままに放任してある。小学校教科書にすら選挙の事はほんの申しわけしか書いていない。それもそのはず、藩閥政府は元来議会政治を好まなかったのである。この政府に使役せられていた官僚輩は使用主の鼻息を伺って働いていた。故に政治知識の発達を妨害すべき施設はいろいろ工夫したが、憲政を満足に発達せしむるために最も必要な選挙人の訓育に至っては、何一つ施すところがなかった。」と説いています。

主権者としての私たちが、自らの生命財産の自由と安全を守る日本社会を築くため、いまだからできること、していかなければならないことを、未来につなげ、新しい社会および国への道を切り拓くことが問われています。皆さまのご参加をお待ち申し上げます。

日時 :  2019年9月12日(木)18:00〜19:45(通訳つき)開場17:30
講演 :  上 昌広(かみ まさひろ)氏
演題 : 「 現場からの医療改革 医師のプロフェッショナリズムとグローバル化 」
場所 :  憲政記念館 第一会議室
参加費: 2000円(学生は無料)

講師紹介: 1993年東大医学部卒。97年同大学院修了。医学博士。虎の門病院、国立がんセンターにて造血器悪性腫瘍の臨床研究に従事。05年より東大医科研探索医療ヒューマンネットワークシステム(現 先端医療社会コミュニケーションシステム)を主宰し医療ガバナンスを研究。 2016年より特定非営利活動法人・医療ガバナンス研究所 理事長。

学堂会講演会のお問合わせ
学堂会代表 原不二子  事務局 兼松惠 大隈尚子
参加申込 : 兼松 惠 Tel: 090 5016 4410 E-mail: < megukanematsu@gmail.com >
Fax でのお返事は、大隈 尚子宛: Fax: 03 6310 5325 下記にお名前、ご連絡先などを書いていただいて、 ご送信下さい。

次回の学堂会は 10月、あらためてお知らせ申し上げます。