学堂会2016年 1月講演会

今年の7月には、次世代にどのような社会を託して行きたいのか、私たち市民一人ひとりの決断と選択が問われる、日本の未来の方向づけとなる選挙が控えております。尾崎行雄は、人が人らしく生きられる社会、すなわち自ら考え、自らの良心に基づいて判断し、行動できる社会を造るためには、民主政治の確立が不可欠であるとの信念を貫き、明治・大正・昭和の時代を生きました。今、世界中の人たちが人らしく生きられる日常を求めています。人間の社会において、何が最も尊いかと言えばそれは、人の命です。私たち主権者は、民意の代償者としての議員を、立憲政治を行なう場である国会に送り出すのです。一人ひとりがその責任を旨に行動し、主権在民としてのあたらしい道を切り開いていくすべをご一緒に学んで行きたいと存じます。
日時:2016年1月29日(金)18:00~19:45(日英通訳あり) 開場17:30
講師:柳澤 協二 氏
場所:衆議院第二議員会館第一会議室 千代田区永田町2-1-2
演題:『安保法制・戦争・国民 』

講師紹介:1946年東京生まれ。1970東大法卒、防衛庁。運用局長・人事教育局長・官房長・防衛研究所長。2003年~09年 小泉・安倍・福田・麻生政権で内閣官房副長官補(安全保障・危機管理担当)。現在・NPO国際地政学研究所理事長、自衛隊を活かす会代表。主著・「抑止力を問う(共著)」(2010かもがわ出版)「官邸のイラク戦争」(2013岩波書店)「亡国の安保政策」(2014 岩波書店)「自衛隊の転機・政治と軍事の矛盾を問う」(2015NHK出版)

学堂会講演会のお問合せ
学堂会代表 原 不二子 事務局 兼松 惠 大隈尚子
参加申込:兼松 惠 Tel: 090-5016-4410
e-mail : < megukanematsu@gmail.com >
Faxでのお返事は,大隈尚子宛: Fax: 03-6310-5325 下記にお名前、ご連絡先などを書いていただいて、このままご送信ください。