学堂会2015年 12月講演会

 尾崎行雄は、人が人らしく生きられる社会、すなわち自ら考え、自らの良心に基づいて判断し行動できる社会を造るためには、民主政治の確立が不可欠であると考え、明治・大正・昭和の時代を通して信念に基づいて生きました。今、世界中の人たちが人らしく生きられる日常を求めています。人間の社会において、何が最も尊いかと言えばそれは、人の命です。
 先月104歳を迎えられた日野原重明先生は 11月1日にも、沖縄 那覇市で、「命を守り、平和を築く」と題して講演をされました。生き方について、世代を超えて多くの方々に問いかけておられます。一人ひとりの在り方が国の在り方、世界のあり方です。年のしめくくりとして、日野原先生の世界・日本の現在についての思いを伺い、ご一緒に考え、学び合える機会にしたいと思います。皆さま、お誘いの上、参加されるようお待ちしております。

 

日時:2015年12月4日(金)17:00~18:45(日英通訳あり)開場16:30
講師:日野原 重明 氏
場所:衆議院第二議員会館1F多目的会議室 千代田区永田町2-1-2

演題:『平和といのちこそ』

講師紹介:1911年(明治44年)10月4日、山口県山口市生まれ。1941年聖路加国際病院に内科医として赴任。1951年 米国エモリー大学に留学。1973年(財)ライフ・プランニング・センターを設立。1992年聖路加国際病院院長に就任、現在同名誉院長、聖路加国際大学名誉理事長。 2000年「新老人の会」を結成。2005年文化勲章受章。2007年日本ユニセフ協会大使に就任。

 

学堂会講演会のお問合せ

学堂会代表   原  不二子   事務局 兼松 惠   大隈尚子
参加申込:兼松 惠 Tel: 090-5016-4410 e-mail :< megukanematsu@gmail.com >
Faxでのお返事は,大隈尚子宛Fax: 03-6310-5325 下記にお名前、ご連絡先などを書いていただいて、このままご送信ください。