学堂会2015年 11月講演会

今日の日本は多くの人々の犠牲の上に成り立っています。敗戦70年を経た今日、改めて以下の憲法の前文を確認しました。

 『日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、我らと我らの子孫のために、諸国民との共和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恩沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないようにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する』。

憲法の前文に忠実であるためには、私たちの意志が政治・経済・社会の各面において反映、実行されていかなければなりません。次世代のためにも、いま、生かされている私たちが、それぞれできることから実践していくかどうかに、日本の将来、世界の将来がかかっています。世界に尊敬される国になることができるか。主権者としての私たち一人一人の考え方、生き方にかかっています。ご一緒に考え、学び合える機会にしたいと思います。ご参加をお待ちしております。

日時:2015年11月6日(金)18:00~20:00(日英通訳あり)開場17:30
講師:柳澤 協二 氏
演題:『安保法制と日本の将来~法案成立後の課題』
場所:憲政記念会館 会議室 千代田区永田町1-1-1
参加費:一般2000円、学生1000円

講師紹介:1946年東京生まれ。1970東大法卒、防衛庁。運用局長・人事教育局長・官房長・防衛研究所長。2003年~09年で内閣官房副長官補(安全保障・危機管理担当)。現在・NPO国際地政学研究所理事長、自衛隊を活かす会代表。主著・「抑止力を問う(共著)」(2010かもがわ出版)「官邸のイラク戦争」(2013岩波書店)「亡国の安保政策」(2014 岩波書店)「自衛隊の転機・政治と軍事の矛盾を問う」(2015NHK出版)

 

学堂会講演会のお問合せ

学堂会代表   原  不二子   事務局 兼松 惠   大隈尚子
参加申込:兼松惠 Tel: 090-5016-4410 e-mail:< megukanematsu@gmail.com>
Faxでのお返事は,大隈尚子宛: Fax: 03-6310-5325 下記にお名前、ご連絡先などを書いていただいて、このままご送信ください。

 

次回の学堂会のご案内は追ってご案内申し上げます。