学堂会2015年 10月講演会

2015年8月30日、日本の未来の方向性に大きな疑問を呈し、国会前に集った12万人に及ぶ老若男女の市民をはじめ、全国各地で民主政治を要求する市民が声を挙げました。来年の選挙をふまえ、若い世代からも、社会に対して自分のあり方、責任の取り方を考えよう、と言う真摯な意識が高まっており、日本は今、大きな転換期を迎えています。日本は私たち市民の集合体に他ならないのです。日本が世界に愛される国になる、ならないは、私たち次第です。私たちは、日本および世界の次世代に、どのような未来を引き継いで行こうとしているのでしょうか。一人ひとりが自分の責任として、しっかり考え、行動することが問われています。多くの方々の犠牲により手にした憲法が私たちに託した主権者としての責任を果たすため、ご一緒に学び合う機会にしたいと存じます。ご参加をお待ちしております。

日時:2015年10月1日(木)17:00~18:45(日英通訳あり)開場16:30
講師:白井 聡 氏
演題:『永続敗戦レジームの終焉に向けて』
場所:衆議院第二議員会館 第一会議室  千代田区永田町2-1-2
参加費:無料 

講師紹介:政治学、社会思想研究者。東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。一橋大学大学院社会学研究科総合社会科学専攻博士後期課程単位修得退学。博士(社会学)。主にロシア革命の指導者であるレーニンの政治思想をテーマとした研究を手掛けてきたが、3.11を基点に日本現代史を論じた『永続敗戦論――戦後日本の核心』(太田出版)により、第4回いける本大賞、第35回石橋湛山賞、第12回角川財団学芸賞を受賞。著書に『未完のレーニン』(講談社、2007年)、『「物質」の蜂起をめざして』(作品社、2010年)。文化学園大学助教を経て、現在京都精華大学専任講師。

学堂会講演会のお問合せ

学堂会代表   原  不二子   事務局 兼松 惠   大隈尚子
参加申込: 兼松惠Tel: 090-5016-4410 e-mail: <megukanematsu@gmail.com>
Faxでのお返事は,大隈尚子宛: Fax: 03-6310-5325 下記にお名前,ご連絡先などを書いていただいて、このままご送信ください。

尚、今回は衆議院第二議員会館 第一会議室を拝借しており時間も限られているため、軽食はお出し致しません。また、参加費もいただきません。

次回の学堂会は新外交イニシアティブ 柳澤協二氏にお願いしてございます。