学堂会2014年 4月講演会

日時:2014年4月16日(水)18:00〜20:30(日→英通訳つき)
講師:孫崎 享 氏
演題:「世界の中から見える日本−歴史観点から」
場所:憲政記念会館 会議室 千代田区永田町1-1-1
参加費:一般2000円、学生1000円 (軽食つき) 
主催:学堂会  URL: www.gakudo-kai.com
後援:財団法人 尾崎行雄記念財団

 学堂会という名の由来は、憲政の父とよばれる尾崎行雄(1858-1954)の最初の雅号です。尾崎は、1890年の第1回帝国議会から1953年の第25回国会までの明治、大正、昭和の3代にかけ、常に「世界の中の日本」という視点で、国はどうあるべきかを思索し 市民の権利と生活を守るため、市民の代議員として63年間 不正と腐敗を正し、自由と正義のため信念と情熱を持って藩閥、軍閥、官閥と戦いぬきました。いま、世界の中の日本社会の在り方を、戦中・戦後史からみつめなおし、どのような国・社会にしていくのか。世界の一員として諸問題に応えうる国の在り方をどのように築いていくのか、一人ひとりの考え方・生き方の選択が問われています。私たちが次世代に託す日本社会を築いていくために、ご一緒に学び、議論しあえる機会にしていきたいと思っております。

講師略歴:孫崎 享 (まごさき うける) 氏
1943年生まれ。東京大学法学部中退、外務省入省。英国、ソ連、米国(ハーバード大学国際問題研究所研究員)、イラク、カナダ(公使)勤務を経て、駐ウズベキスタン大使、国際情報局長、駐イラン大使。2002年から防衛大学校教授。公共政策学科長、人文社会学群長。2009年退官。 
著書 :『日本外交—現場からの証言−』(第二回山本七平賞受賞、中央公論新社)、『日米同盟の正体』、『情報と外交』、『日本の領土問題—尖閣・竹島・北方領土—』『不愉快な現実』『戦後史の正体』『これから世界はどうなるか』『小説外務省—尖閣問題の正体』など多数。

学堂会代表 原 不二子
学堂会講演会の問合せ 参加申込
兼松 惠 Tel: 090-5016-4410 E-mail: < megukanematsu@gmail.com
大隈尚子 Fax: 03-6310-5325 
学堂会2014年4月講演会Fax でのお返事は、大隈尚子宛: Fax: 03-6310-5325
下記にお名前,ご連絡先 などを書いていただいてこのままご送信ください。

4月 5, 2014