孫崎享

孫崎 享 (まごさき うける)1943年生まれ。東京大学法学部中退、外務省入省。英国、ソ連、米国(ハーバード大学国際問題研究所研究員)、イラク、カナダ(公使)勤務を経て、駐ウズベキスタン大使、国際情報局長、駐イラン大使。2002年から防衛大学校教授。公共政策学科長、人文社会学群長。2009年退官。 著書 :『日本外交—現場からの証言−』(第二回山本七平賞受賞、中央公論新社)、『日米同盟の正体』、『情報と外交』、『日本の領土問題—尖閣・竹島・北方領土—』『不愉快な現実』『戦後史の正体』『これから世界はどうなるか』『小説外務省—尖閣問題の正体』など多数。

学堂会2018年 1月講演会

日時:2018年 1月10日(水)18:00~19:45(通訳つき)開場17: 30
講師:孫崎 享氏 (まごさき うける)
演題:「憲法改正と日本の安全保障」
場所:憲政記念館会議室 千代田区永田町1-1-1

講師略歴: 1943年生まれ。東京大学法学部中退、外務省入省。英国、ソ連、米国(ハーバード大学国際問題研究所研究員)、イラク、カナダ(公使)勤務を経て、駐ウズベキスタン大使、国際情報局長、駐イラン大使。2002年から防衛大学校教授。公共政策学科長、人文社会学群長。2009年退官。著書:『日本外交—現場からの証言−』(第二回山本七平賞受賞、中央公論新社)、『日米同盟の正体』、『情報と外交』、『日本の領土問題—尖閣・竹島・北方領土—』『不愉快な現実』『戦後史の正体』『これから世界はどうなるか』『小説外務省—尖閣問題の正体』など多数。 

学堂会2017年 6月講演会

日時:2017年 6月28日(水)17:00~18:45(通訳つき)開場16:30
講師:孫崎 享氏 (まごさき うける)
演題:『歴史を振り返り、いま考えることが必要なこと』
場所:衆議院議員第2議員会館 第2会議室千代田区永田町2-1- 2

講師略歴: 1943年生まれ。東京大学法学部中退、外務省入省。英国、ソ連、米国(ハーバード大学国際問題研究所研究員)、イラク、カナダ(公使)勤務を経て、駐ウズベキスタン大使、国際情報局長、駐イラン大使。2002年から防衛大学校教授。公共政策学科長、人文社会学群長。2009年退官。著書:『日本外交—現場からの証言−』(第二回山本七平賞受賞、中央公論新社)、『日米同盟の正体』、『情報と外交』、『日本の領土問題—尖閣・竹島・北方領土—』『不愉快な現実』『戦後史の正体』『これから世界はどうなるか』『小説外務省—尖閣問題の正体』など多数。

学堂会2016年 12月講演会

photo by [f]mutsumi.y

日時:2016年12月15日(木)18:00〜19:45(通訳つき)開場17:30 
講師:孫崎  享氏
演題:『ゾルゲ事件と①第二次大戦と②冷戦』
場所:憲政記念会館 会議室 千代田区永田町1-1-1
参加費:一般2000円、学生1000円 

講師略歴:1943年生まれ。東京大学法学部中退、外務省入省。英国、ソ連、米国(ハーバード大学国際問題研究所研究員)、イラク、カナダ(公使)勤務を経て、駐ウズベキスタン大使、国際情報局長、駐イラン大使。2002年から防衛大学校教授。公共政策学科長、人文社会学群長。2009年退官。 著書 :『日本外交—現場からの証言−』(第二回山本七平賞受賞、中央公論新社)、『日米同盟の正体』、『情報と外交』、『日本の領土問題—尖閣・竹島・北方領土—』『不愉快な現実』『戦後史の正体』『これから世界はどうなるか』『小説外務省—尖閣問題の正体』など多数。

学堂会2016年 5月講演会

日時:2016年5月13日(金)18:00~19:45(日英通訳あり)開場17:45
講師:孫崎 享 氏・ラジモハン ガンジー 氏
場所:憲政記念館 会議室 千代田区永田町1-1-1
演題:『 今という時代をどう生きるか 』
講師紹介:孫崎 享氏 1943年生まれ。東京大学法学部中退、外務省入省。英国、ソ連、米国(ハーバード大学国際問題研究所研究員)、イラク、カナダ(公使)勤務を経て、駐ウズベキスタン大使、国際情報局長、駐イラン大使。2002年から防衛大学校教授。公共政策学科長、人文社会学群長。2009年退官。
著書:『日本外交—現場からの証言−』(第二回山本七平賞受賞、中央公論新社)、『日米同盟の正体』、『情報と外交』、『日本の領土問題—尖閣・竹島・北方領土—』『不愉快な現実』『戦後史の正体』『これから世界はどうなるか』『小説外務省—尖閣問題の正体』など多数 。
ラジモハン・ガンジー氏 : マハトマ・ガンジー翁の孫。著者、史家、元インド議会議員。2012年12 月 まで、米国イリノイ大学主キャンパス(アーバナ・シャンペーン)で南アジア・中東研究センターでリサーチ教授として努めた。著書も多く、近著の祖父ガンジー翁伝は、2007年12月インド歴史学会ビエンナーレ・パープジャリ賞を授賞。1990年にはジュネーヴに於ける国連人権委員会にインド代表団長として参加。1992-2000年ニューデリー政策研究所の研究教授。1956年よりイニシアチブ・オブ・チェンジ(IC,旧MRA)に関わり 国際IC会長を(2009-2010年)務めた。

学堂会2015年 10月特別講演会

2015年 学堂会 特別講演会ご案内
日時:2015年10月16日(金)17:00~18:45(日英通訳あり)開場16:30
講師:孫崎 享氏
演題:『世界の中の日本 - 主権者の覚悟』
場所:衆議院第二議員会館 第二会議室 千代田区永田町2-1-2 

講師紹介:1943年生まれ。東京大学法学部中退、外務省入省。英国、ソ連、米国(ハーバード大学国際問題研究所研究員)、イラク、カナダ(公使)勤務を経て、駐ウズベキスタン大使、国際情報局長、駐イラン大使。2002年から防衛大学校教授。公共政策学科長、人文社会学群長。2009年退官。 著書 :『日本外交—現場からの証言−』(第二回山本七平賞受賞、中央公論新社)、『日米同盟の正体』、『情報と外交』、『日本の領土問題—尖閣・竹島・北方領土—』『不愉快な現実』『戦後史の正体』『これから世界はどうなるか』『小説外務省—尖閣問題の正体』など多数 

学堂会 2015年 特別講演会(3月20日)

日時:2015年3月20日(金)18:00〜20:00(通訳つき)開場17:30

講師:孫崎  享氏

演題:『孫崎 享氏に伺う 敗戦70年に学ぶこと』

場所:憲政記念会館 会議室 千代田区永田町1-1-1

参加費:一般2000円、学生1000円

講師略歴:1943年生まれ。東京大学法学部中退、外務省入省。英国、ソ連、米国(ハーバード大学国際問題研究所研究員)、イラク、カナダ(公使)勤務を経て、駐ウズベキスタン大使、国際情報局長、駐イラン大使。2002年から防衛大学校教授。公共政策学科長、人文社会学群長。2009年退官。 著書 :『日本外交—現場からの証言−』(第二回山本七平賞受賞、中央公論新社)、『日米同盟の正体』、『情報と外交』、『日本の領土問題—尖閣・竹島・北方領土—』『不愉快な現実』『戦後史の正体』『これから世界はどうなるか』『小説外務省—尖閣問題の正体』など多数

3月 2, 2015

学堂会2014年 4月講演会

日時:2014年4月16日(水)18:00〜20:30(日→英通訳つき)
講師:孫崎 享 氏
演題:「世界の中から見える日本−歴史観点から」
場所:憲政記念会館 会議室 千代田区永田町1-1-1
参加費:一般2000円、学生1000円 (軽食つき) 
主催:学堂会  URL: www.gakudo-kai.com
後援:財団法人 尾崎行雄記念財団

 

4月 5, 2014